印鑑登録
とは?

ハンコを市区町村役場に届け出ることで、そのハンコが本当にあなたのものだと公に証明する事が出来ます。この「印鑑登録」したハンコが“実印”となります。つまり、印鑑登録をしなければ実印用ハンコを作っても“実印”にはなりません。印鑑登録はすなわち、実印登録ともいえます

※詳細は各自治体の「印鑑条例」に基づき、多少異なります。


印鑑・実印登録はどんな時にするの?

自動車の売買、不動産の取引、公正証書の作成など重要な手続きや申請をするときには通常、『印鑑証明書(印鑑登録証明書)』が求められます。

書類に押印されたハンコが間違いなく本人のものであるか、また、本人が書類の作成者であるかを確かめるもので、重要な書類の作製には『印鑑証明書』が必ず必要になってきます。
この、『印鑑証明書』を発行してもらうには印鑑・実印登録が必要となります。

実印や銀行印は利用場面が重要なものなので、偽造されにくいように少し複雑なハンコを使用するのが適しています。大量生産されたものは危険です。

また、実印は『印鑑証明書』とセットで使用することで意義のあるものとなるので、それぞれの取り扱いには十分気を付けましょう。

上記以外にも、成人した時、引越した時など人生の節目の時に印鑑・実印登録をする方もいるようです。


誰でも登録できるの?

15歳以上の人が一人につき1本だけ登録できます。

外国人の方でも外国人登録をしていれば登録ができます


印鑑登録するには?〜実印の作り方〜

登録するハンコを用意しよう

【実印登録できないハンコについて】

  • 他人が既に登録しているもの。
  • 印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの(小さすぎ)、又は一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの(大きすぎ)。
  • 住民票に登録されている氏名や外国人登録原票に記載されている氏名、氏、名、または氏および名の一部を組み合わせた以外のもの。
  • 通称名(ペンネームや芸名)。
  • 職業、資格、その他氏名以外の事項を表しているもの。
  • ゴム印、その他の印鑑で変形しやすいもの。
  • 印影が不鮮明なもの(外枠がない、摩滅している、文字が切れている)。
  • 大量生産された既製品(三文判)。
  • その他、登録することが適当でないもの。


【※注】市区町村によっては、印影のサイズやフルネームのハンコでないと登録できない
などの、登録条件に違いがある場合がありますので、詳しくは各市区町村へご確認ください。


【一般的な実印用ハンコについて】

実印はフルネームで彫刻するのが適しているといわれています。

女性の場合は苗字が変わる事があるため、名前だけの実印にする方も多いようです。(フルネームで登録をした場合、苗字が変わった時には新しい苗字のハンコで登録し直します。)

※苗字のみで実印を作成すると、一族内で重複したり、取り違えたりする可能性があるので気をつけましょう。

※実印と銀行印を併用している場合、紛失・盗難にあった場合のリスクが倍に増えます。また、それぞれ別のハンコを使用していれば手元にある方のハンコで改印の届をだすことができ、緊急時にも早急な対応ができます。

オススメ実印サイズ
  13.5ミリ 15ミリ 16.5ミリ 18ミリ
男性
女性
実印の大きさ比較図

オススメ実印サイズは、どの市区町村でも印鑑・実印登録が問題なくできるサイズです。

これから実印を作るなら偽造などされにくい、注文彫り(オーダーメード)を
おすすめします。


登録申請をしよう

【準備するもの】

  • 印鑑登録するハンコ
  • 本人確認書類(官公署発行の顔写真付身分証明書:パスポートや免許書など)
  • 登録費用(大体100〜300円程度)
  • ※代理人が申請する場合は委任状(代理人選任届)


【印鑑登録申請の流れ】

市区町村役場窓口の備え付けの申請書に必要事項を記入し提出します。

どうしても自分で申請できない場合は、委任状(代理人選任届)を添えて代理人により申請することができます。

※本人確認の方法により、登録の流れや日数が変わってきます。

  • 顔写真付身分証明書による本人確認 <即日登録>
    官公署の発行した顔写真付身分証明書(運転免許証やパスポート)により身分の確認ができる場合は、その場で印鑑登録をすることができ、その日に印鑑登録証明書の発行を受けることができます。
  • 保証書(保証人)による本人確認 <即日登録>
    申請者と同じ市区町村で、すでに印鑑登録をしている人(保証人)の署名・実印(登録してある印鑑)の押印がある保証書があれば、その場で印鑑登録をすることができ、印鑑登録証明書の発行を当日受けることができます。
    ※保証人は未成年者を除く。また、代理人も保証人にはなれません。
    ※保証人の印鑑登録証明が必要になる場合もあります。
  • 上記以外による本人確認(健康保険証等) <登録には数日かかります>
    本人確認書類(健康保険証等)を提示し登録申請をします。申請住所(自宅)に印鑑登録の照会書(回答書付き)が郵送で届くので、回答書に必要事項を記入し登録申請者が回答書を持参することにより、本人確認及び意思確認となり登録が完了します。照会文書には有効期限があるので、その期間を過ぎると無効になり手続ができなくなります(申請日から大体30日程度)。
  • 代理人が申請する場合 <登録には数日かかります>
    代理人が申請する場合は、通常の準備の他に委任状(代理人選任届)と代理人の印鑑(実印)、代理人の身分証明書類が必要となります。申請すると本人宛に照会書(回答書付き)が郵送され、その回答書を本人又は代理人が提出すると登録完了となります。

【※注】印鑑登録は各市区町村の「印鑑条例」により取り扱いが異なります。詳しくは各市区町村へご確認ください。


登録が完了すると印鑑証明の発行に必要な
「印鑑登録証」が交付されます。

印鑑登録証明書(印鑑証明)の取り方

印鑑・実印登録をした市区町村役場に印鑑登録証、手数料、本人確認書類(運転免許証、保険証など)を用意し、備え付けの印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入して提出すればすぐ発行してもらえます。

なお、本人が印鑑登録証を持たず、実印のみを持参しても印鑑証明書の発行はしてもらえません。

また、代理人申請の場合も委任状はいりません(ただし、必要な人の住所、氏名、生年月日を正確に記入できなければ交付されません)。

自動交付機を利用できる所では、交付料が割安になっている市区町村もあります。詳しくは各市区町村へご確認ください。


引っ越しをした時の手続きは?

【同一市区町村内での引越し】

特に手続きは必要ありません。転居届を出すと自動的に登録情報も変更されます。

【同一市区町村外への引越し】

転出届により登録は自動的に廃止されますので、印鑑登録証は返還するかハサミを入れて廃棄しましょう。
必要であれば、転居先で改めて印鑑登録を行います。


実印・印鑑登録証が盗難、紛失にあったら・・・

盗難、紛失した場合は、悪用される危険性があります。直ちに「印鑑登録証亡失届」を市区町村役場へ出しましょう。

また、印面が欠けたり、摩耗したような場合も改印した方が良いです。

処分するときは、旧実印の印面部分を削るなどをして使用できないようにして処分しましょう。


わかる!印鑑登録



▲ページトップへ戻る